中古バイクで失敗しない為に

すでにある程度バイクに関する知識がある人であれば、中古で購入するときにどんなところをチェックした方が良いのかを理解しているものです。

しかし、初めて購入するバイクが中古だという人も多く居るため、最低限のチェックポイントくらいは把握しておかないと購入後に大きな後悔をすることになってしまいます。
中古バイクをチェックするポイントは非常に様々です。



その一つ一つをチェックする為には知識が必要になるだけでなく時間もかかります。

ただ、簡単にチェックできて、尚且つ重要度も高いポイントに絞ってチェックするというのも一つの手です。


例えば、まずは遠目から見て違和感を感じないか、近くから見ても印象に違いが無いかを確認します。特に不満が無ければ、ガソリンタンク内を覗いてみて錆が無いかをチェックします。

少し見づらいこともありますが、錆がある状態だとエンジン不動の大きな要因となるのでしっかりと確認することが大切です。

基本も充実した@niftyニュースについて気になる方はこちらです。

その後、エキパイ部分(エンジンとマフラーの接合部分)を触ってみて「冷たいかどうか」を確認します。

中古のバイクの情報を提供しているサイトです。

冷たいことが確認できたならばエンジンを始動してみて、始動性と安定感をチェックします。しばらくアイドリングを続け、安定しているかどうかの確認と同時に「エンジンからの異音が無いか」をチェックしていきます。


特に問題が無ければ、多少アクセルを煽ってみてレスポンスや排煙の程度などを確認していきます。

これだけのチェックでも購入後のトラブルを大幅に減らすことができます。

その上で余裕があれば、フレームの歪みやショック類の状態のチェックなどを行っていきます。